私たちのこと

民族・宗教・国・立場は違っても
平和への思いはひとつ

代表挨拶

「世界平和は一人ひとりの祈りから」

ユネスコ憲章では、“人の心の中に平和の砦を築かなければならない”としています。
まさに戦争を起こすのも、平和を築くのも、一人ひとりの心の中から生まれるものでありますから、世界平和を実現するのは、人類の意識にかかっていると言って過言ではありません。
私たち一人ひとりは、それぞれの国、民族、宗教に属する個人であると同時に、地球全体を構成する人類の一員であります。
いまこそ人類は、国―国、民族―民族、宗教―宗教、強―弱、貧―富、優―劣、といった二元対立を超えた地球意識を持ち、なおかつ大自然との一体感を持ってあらゆる動植物とも調和した、地球人としての生き方をしていかなければなりません。

人類すべてがそのような地球意識を持ち、平和に向けた心の結集をめざし、国や民族や宗教や政治などあらゆる立場を超えた、人類共通のユニバーサルな祈りとして、「世界人類が平和でありますように」 “May Peace Prevail on Earth” を世界各国の言葉で広めていくことを提唱しております。

このすべての違いを超えたユニバーサルな祈りによる平和運動は、第二次世界大戦後の1955年に平和哲学者であり、詩人・作家でもあった故五井昌久氏によって提唱され、半世紀以上にわたり世界中に浸透してきております。
平和の象徴として、平和のメッセージの書かれたピースポールは世界のほとんどすべての国に、20万本以上が建てられております。

人類の心が平和に向けて結集し、真の世界平和が実現しますよう、「祈りによる世界平和運動」への皆様方のご参加とご協力を、心よりお願い申し上げます。

代表 西園寺昌美
理事長 西園寺裕夫

World Peace Prayer Society(WPPS)の活動理念

国や民族や宗教や政治の違いを超えた人類共通の祈りとして、「世界人類が平和でありますように」”May Peace Prevail on Earth”という祈りのメッセージを広め、人類の平和意識の目覚めを促進することを目指しています。
そして、この理念に賛同する人々が誰でも参加できるピースポールプロジェクトやピースセレモニーなどの活動を提唱し、草の根レベルの運動としてグローバルに展開しています。

WPPSの基本情報を見る

World Peace Prayer Society(WPPS)の歴史

1955年五井昌久氏(1916−1980)の提唱で、祈りによる世界平和活動が日本で始まる。
1976年ピースポールプロジェクトが草の根運動として始まる。
1986年国際平和年を機に、海外初のピースセレモニーが米国ロサンゼルスで開催される。
1988年米国ニューヨーク州に非営利法人 The World Peace Prayer Society を設立。
以後、米国を拠点にして世界各地に向けて運動を展開する。
1990年国連広報局より提携NGO(非政府機関)として承認される。
同年、国連本部・総会議場においてピースセレモニーが開催される。
1991年ニューヨーク州郊外のアメニアにピース・サンクチュアリー(平和の聖地)を設け、毎年、ワールドピースフェスティバルを開催、世界各地から平和を愛する人々が訪れる。
1994年ヨーロッパでの運動推進拠点としてドイツ、ミュンヘンにオフィスを開設。
1995年国連50周年の祝典で、”May Peace Prevail on Earth” が各宗教宗派の共通の祈りとして採用される。
1997年英国スコットランドにアラントンサンクチュアリーを設ける。
同年より国連本部で開催される国際平和デー恒例行事のプログラムとしてピースセレモニーが行なわれる。
第1回ピースパル国際アートコンテストが開催される。
1998年1998年からアメニアワールドピースフェスティバルにて、ピースセレモニーのインターネット中継が始まる。
1999年WPPS日本オフィスを五井平和財団内に開設。
2003年WPPS設立15周年 CNNで子ども達が ”May Peace Prevail on Earth” を呼びかける公共広告(PSA)が放映される(〜2005年)。
2008年WPPS会長・理事長がインドの「哲学者 聖シュリー・ニャーネシュワラー世界平和賞」を受賞。

twitterで、世界の平和を祈る
言葉をつぶやいてみませんか。

「世界人類が平和でありますように」という意味の各国の言葉を、twitterでつぶやいてみませんか?

フォトギャラリーphoto gallery

ご寄付のお願い WPPS日本オフィスの活動は、皆様からの貴重な寄付によって支えられています。

平和活動グッズを取り扱うオンラインショップ Shop Peace to spread peace