みなさんから寄せられた平和自主活動報告

平和活動報告書のコーナーでは、
みなさまからいただいた活動報告を、どんどんご紹介していきたいと思います!
みなさまの活動報告をお待ちしておりまーす!
報告はこちらから

2014年9月

Sep

30

愛知県長久手市の石作神社にピースポール建立

カテゴリー:ピースポール

愛知県長久手市岩作宮後の石作神社は、広大な杜の中にあり、石工の先祖が祀られています。この度、氏子総代のお二人を含む11名が参加して、石の神様が降りたたれた岩の側にピースポールを建立しました。(2014年8月30日)この辺りは、戦国時代の小牧・長久手の合戦の古戦場があり、近くには多くの史跡が残されています。(S.K)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2014.09.30 17:06

Sep

30

石清水八幡宮WPPC開催(国際平和デー)

カテゴリー:ピースセレモニー

 この度は、石清水八幡宮様にご許可を頂き、9月21日の国際平和デーにWPPC(=World Peace Prayer Ceremony)を開催しました。
私は、かねてから石清水八幡宮様という場所、京都府民ならば(日本全国でも)あこがれの場所であり、由緒正しく、静かで自然にあふれ、空気も澄む清々しい場所で、世界各国の平和を祈願するイベントをさせていただければと、思っておりました。
 今回は突然のアポイント(約4ヶ月前)にも関わらず、WPPC(193ヵ国の国旗を掲揚し、1ヵ国づつ、その国の平和を祈るイベント)の許可を頂き、本殿への参拝もさせて頂く事となりました。当日の参加者は、近畿二府四県(京都 奈良 滋賀 大阪 兵庫)と東京より参加くださりました。合計72名様でした。

 皆様"石清水八幡宮"で、世界各国の平和を祈る行事が出来ることを喜んでおられ、ほぼ全員が、正式参拝されました。
 WPPC開催の始めに、石清水八幡宮のご厚意により、西 禰宜(ねぎ・・・ 宮司を補佐する神職)のお話を頂戴いたしました。西禰宜は、鎌倉時代の元寇の折りも、ここ石清水八幡宮で東巌慧安禅師が、国家安泰を祈願したりと、そもそもここは平和を祈るための場であり、貴グループの主旨と合う、とおっしゃってくださいました。 また、『平和』というテーマでお話しを進められ、そのお話しと参加者の『平和』を願うところが重なり、皆様深くうなずきながら、聞いておられました。
 その後、清峯殿にて、日本語でWPPCを行いました。皆様、いつもにも増して、清々しく、真剣に、そして元気に、193ヵ国すべての国の平和を祈っていらっしゃいました。
 皆様の表情はとても明るく、和やかですばらしい表情でした。私は、皆様のお顔を見ていて、このような場所で平和を祈れること自体が幸せな時間なのだと思いました。私もこの企画をさせていただけたことに感謝申し上げます。 (W.Y)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2014.09.30 09:49

Sep

29

第3回はりま国際平和デー・グローバルリンクWPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

2014年9月21日、兵庫県姫路市民会館にて、最3回はりま国際平和デー・グローバルリンクWPPCを開催しました。

今年のテーマは「幸せ」。最新科学で明らかにされてきた「ポジティブ心理学、幸福学」を取り入れ、「幸せは伝染する」を体験していただくため、新しく「ハッピー・コミュニケーション・ワークショップ」を行い、一人一人のちょっとした幸せ皆さんと実感し共有することで、どんどん自らの心を開くことができ、和気藹々とした楽しい雰囲気の場となりました。

プログラムの始めは、ビデオ上映。
「2014年の国際平和デーに寄せる国連事務総長のことば」、
国際平和デーの歴史と大切さが解る映画「ザ・デイ・アフター・ピース」予告篇、
「2014年 沖縄慰霊の日 平和の詩『空はつながっている』、そして、
「2012五井平和財団フォーラム『幸せの価値観』トークセッション」からの抜粋、計4本。

次に、「ハッピー・コミュニケーション・ワークショップ」
みんなで一重の輪になって座り、このワークショップのために結成した3人組の盛り上げ隊によって、パーカッションを片手に、歌い、アクション。その賑やかなパフォーマンスが会場を大いに盛り上げてくれました。締めくくりに隣同士で握手をしました。

そして、州別のWPPC。私たちの合言葉、「世界人類が平和でありますように。メイ ピース プリベイル オン アース」は、チベタンベルの音の響きが合図です。皆さんが小国旗を掲げて会場を何周もしました。地球上を各国旗が回るイメージで、中央で大きなアース・フラッグも掲げました。
天使のような可愛いお嬢様たちが笑顔で何回も掲げ祈ってくれたおかげで、とても微笑ましいWPPCとなり、グローバルリンクを終えました。 (E.I)


【参加者の寄せられた感想の一部】

●ビデオ上映

・平和式典最優秀作品に選ばれた平和の詩「空はつながっている」は、沖縄の小学校3年生の増田健琉(ますだたける)君、本人の朗読で、純粋な子供の平和に対する思いが伝わり感動しました。 

・「幸せの価値観」トークセッションは、3.11震災後におけるその後の人間の強さ、また、無限に湧いてくるパワー、エネルギー、そして人間同士の愛のやり取り等が話され、人間の不思議さと無限の可能性を話題に話されていたのが印象的でした。

・財団フォーラムのビデオを見たのは、初めてで、西園寺昌美会長の一言一言が胸に響き感動しました。

●ハッピー・コミュニケーション・ワークショップ

・みなさんのちょっとした「幸せ」や「喜び」体験を聞いているだけでも、思わずニコニコしてしまう楽しいひと時でした。

・普段の日常では、わざわざ集まって団らんする機会もなく、アメリカ先住民の会議では、「一人の人が話を終えるまで誰も話さない」、「みんなで一緒に相槌を打つ」。こんな良い決まりがあると知って、尊敬と感心の思いが湧いてきました。 皆で心を交流することの大切さを実感しました。

May Peace Prevail on Earth! 

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2014.09.29 13:30

Sep

29

第2回銀河WPPCの報告

カテゴリー:ピースセレモニー

9月21日(日)、国連国際平和デーと宮沢賢治の命日(没後81年)に合わせて開催した「銀河WPPC」は、大成功でした。

会場は、岩手県一関市東山町の宮沢賢治の詩碑がある新山公園です。同町は、宮沢賢治が最晩年に活躍した賢治ゆかりの地であり、あの「雨ニモマケズ」の詩もこの地での生活から生まれたとも言われています。

さて、当日は素晴らしい秋空の元、仙台の和泉さんたちを初め、岩手、宮城、福島から20人の参加者が集まり、実に楽しくWPPCを開催することができました。大半の参加者がWPPC初体験でしたが、誰もが親しめるWPPCが実現できました。

アトラクションには、平和に因んだコンサートを行い皆で盛り上がり、最後に「石と賢治のミュージアム」館長の吉田美和子さんのリードで、全員で「雨ニモマケズ」の詩を朗読しました。

今回は偶然にも、岩手、宮城、福島の3・11被災県出身者が集まりました。感動的だったのは、3.11の時、宮城県沿岸部で津波に住居を流されたため、その後静岡県下田市に移住した親子がワンちゃんとともに、このために駆けつけてくださったことでした。 (K.H)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2014.09.29 10:21

  • 1

月別アーカイブmonthly archive

twitterで、世界の平和を祈る
言葉をつぶやいてみませんか。

「世界人類が平和でありますように」という意味の各国の言葉を、twitterでつぶやいてみませんか?

フォトギャラリーphoto gallery

ご寄付のお願い WPPS日本オフィスの活動は、皆様からの貴重な寄付によって支えられています。

平和活動グッズを取り扱うオンラインショップ Shop Peace to spread peace