みなさんから寄せられた平和自主活動報告

平和活動報告書のコーナーでは、
みなさまからいただいた活動報告を、どんどんご紹介していきたいと思います!
みなさまの活動報告をお待ちしておりまーす!
報告はこちらから

2017年8月

Aug

31

アルゼンチン プエルトマドリンに3本目のピースポール建立

カテゴリー:ピースポール

8月11日、アルゼンチンの海岸都市、プエルトマドリン3本目になるピースポールを海岸沿いに建立しました。CENPAT というパタゴニアの国立研究機関のちょうど向かいです。今回のポールは現地で手作りしたものです。参加してくれたみなさんは、ピースポール仲間です。海岸通はこの街の人が、ウォーキングをしたり、犬の散歩をしたり、多くの人が行き来する場所なので、少しでも人の目にメッセージが多く止まる場所に建てたいと思い選びました。今回は8月いっぱい平和の折り鶴教室も開いております。(A.H)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.31 11:38

Aug

28

バルト3国での平和交流

カテゴリー:ピースドールピースメッセージ

2017年8月10日~ 16日まで、フィンランドのヘルシンキ経由で、バルト三国を訪れました。前回が、ソヴィエトのゴルバチョフ時代の戦車による流血事件の時だったので、大変懐かしい旅でした。当時は、エストニアなど観光ゼロでしたから。今回は北から順番に南に下った感じです。

旧ソヴィエト時代を遡り、ロシア支配のずっと以前から、他国の支配下にはいらぎるを得なかったこの三国には、複雑で美しく、しかし熟成された美意識を備えた筋の通った生き方があるように感じられました。帝政ロシア時代に世界最強だったロシア艦隊を破った日本に対して長く歓喜に沸き返った話も有名です。ユダヤ人にヴィザを発給した杉原千畝もリトアニアにいました。

エストニア→ラトヴィア→リトアニアと南下するにしたがって、ピースドールヘの反応も敏感になり、リトアニアの首都ヴィルニュスでは、受け取ったとたんに、世界のという一字を発見すると、マラジェーッツ!(素晴らしい)というは声を上げたおばさんと青年がいました。彼らは教会で掃除をしていました。白亜の美しい聖ペテロ&パウロ教会の入り口で物乞いをしていた青年が、お人形の意味を察すると、うずくまっていた全身から突然飛び上がって、私に抱き着いてきました。ラトヴィアやエストニアは、何度もソヴィエトには侵攻されていますので、いまだにロシア語があちこちから聞こえてきて悲しみに誘われました。

ラトヴィアの首都リガの教会で掃除をしていたあるおばさんは、私が英語で話しかけても、まったく分からないと受け入れ態勢ゼロ風の反応でしたが、いったんピースドールとピースメッセージの内容がうっすら分かってきたら、顔を満面にほころばせて、受取りました。帰りがけに出口で後ろを振りむいてみると、彼女はまだ丹念に一枚一枚のピースメッセージを読んでいるのでした。
今回は多くの教会や宗教施設を回りました。特に驚いたのは、迷って入った施設が何とリトアニア軍の本部で、人形とメッセージを渡した後になって、初めて分かったことです。
(Y.K)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.28 09:42

Aug

22

WPPC吉祥寺フリマ

カテゴリー:ピースセレモニー

2017年8月19日(日)に、 キラリナ京王吉祥寺の屋上でのフリーマーケット会場で開催されました「WPPC吉祥寺フリマ」は、成功でした!
雨が心配されましたが、薄日が差すという、WPPCにとっては、絶好のお天気になりました。参加者は、少なかったですが、フリマに出店された方々も、熱心にWPPCを見入ってくださいました。東京都武蔵野市から、世界に向けて、世界平和の響きを響かせることができました!
インターナショナル世界平和の響き

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.22 20:40

Aug

22

第三回富山県護国神社WPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

今年は一般の方に広く参加していただこうと思い、仲間に呼びかけ、友人、知人、親戚や、国際交流関係の団体にも声をかけて参加をお願いしました。新聞社にも案内し取材を依頼しました。

7月30日、72年前の富山大空襲、広島と長崎の原爆投下、人類の歴史上のすべての戦争で亡くなられた方々の慰霊の黙祷を行い、世界各国の平和の祈りを祈りました。その他のすべての国の平和を祈った後、世界人類が平和でありますようにと祈り、最後に世界平和のための黙祷を行いました。

約50名の人が参加しました。参加者の中には、トヤマ・ムスリム・センター代表理事のサリム・マゼンさんを含む3人のムスリムの方、福井県や石川県から参加した方、神社にお参りに来た家族もありました。翌日、地元の新聞(北陸中日新聞)に行事の写真と記事が掲載されました。 

ワールド・ピース・プレヤー・ソサエティー賛同富山グループ

富山県護国神社WPPC 掲載記事.jpg

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.22 20:05

Aug

21

第18回長崎WPPCの報告

カテゴリー:ピースセレモニー

8月9日、第18回目の長崎WPPCが開催されました。全国各地から約50名の方にお集まりいただき、スタッフやフラッグベアラーとしてご参加いただきました。今年のフラッグセレモニーは、天候の関係もあり、長崎平和公園近くの室内で開催され、全世界にインターネット中継もされました。

はじめに、原爆が投下された11時2分に全員で黙祷をささげ、WPPSの吉川里香副理事長からのメッセージの代読のあと、フラッグセレモニーが開始されました。例年、飛び入り参加がある長崎平和公園での開催とは異なり、落ち着いた静けさの中での開催となりました。開始後は、セレモニー参加者が心を一つにして、集中して一カ国一カ国の平和を祈ることができ、とても感動的なセレモニーとなりました。セレモニー後の交流会では、「この長崎の地で、集中してみんなで祈りを捧げることができ、よかった。とても感動した」、「またぜひ参加したい」などの感想が多く寄せられました。回を重ねる毎に素晴らしくなっている長崎WPPCです。今後もスタッフ一同、世界に向けてWPPCを通じ平和を発信していきたいと思います。

当日のインターネット中継の録画は、以下よりご覧いただけます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PL6MQd-MFpCMjcX0msuddmqFgClB0RbzXw

長崎WPPC実行委員会 

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.21 19:14

Aug

21

第2回サムハラ神社WPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

8月7日、岡山県津山市加茂町のサムハラ神社にて、第2回サムハラ神社WPPCを開催しました。当日は台風の影響があり、神社下のウッディハウス加茂という宿舎に会場を移しました。プログラムは、ライアーとネイティブアメリカンフルートの演奏で始まり、セレモニーは世界平和を祈念して厳粛に執り行われました。参加者は27名で、愛媛、高知、広島、大阪方面から、更に遠方の沖縄、東京、千葉、横浜方面からもご参加いただきました。(Z.K)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.21 10:59

Aug

09

第25回広島WPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

2017年8月6日、広島では心配された台風5号の影響もなく、素晴らしい好天に恵まれましたが、この夏一番の暑さの中でのWPPCとなりました。この暑さで、幸い大事には至らず、全員回復されましたが、5名の方が熱中症で体調を崩されたほどでした。

北は北海道から、南は沖縄まで、全国から170名近いボランティアが集まり、国旗係やピースグッズ担当、旗揚げを勧誘する係等々、様々な役割を全員で手分けして、多数の方々に国旗を掲げてもらい、各国の平和を一緒に祈ることが出来ました。

昨年のオバマ大統領が広島に来られた効果もあってか、近年広島に来られる外国人は急増しています。その中でもこの8月6日は特別で、早朝の平和式典から夜の灯篭流しに至るまで、多くの海外からのお客様でにぎわっていました。

私たちの広島WPPCも今年で25回目になりますが、年々海外からの方々の参加が増えており、皆さん喜んで国旗を掲げ、一緒に平和を祈っていただきました。中東諸国の方々も多数来られ、それぞれ自国の旗を掲げ、皆でその国の平和を祈ることが出来ました。昨年来られたパレスチナの女性は今年も参加してくださり、昨年は同国の旗がなく、自らiPadで表示した旗だったのを、今回は我々が準備していたパレスチナの国旗を掲げてもらうことが出来ました。

8月6日のこの地は、奇跡の空間です。誰もが抵抗なく、喜んで国旗を掲げ、平和の言葉を唱えることができます。旗も、言葉も輝いてみえます。この空間を多くの方々に体感してもらい、帰られてからも、その国、その地域でWPPCの心を拡げてもらえればと願っています。

暑さ等のため、機器が不具合となり、十分なインターネット中継になりませんでしたが、来年は皆様のお力を借りながら、また、長崎、沖縄と連携して、さらに充実した、楽しいWPPCの輪を広げて行きたいと思います。

広島WPPSメンバーズ

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.09 09:19

Aug

08

エスペラント語の世界大会でピースドール配布

カテゴリー:ピースドール

20170808174503_00001_R.jpg

エスペラント語の第102回世界大会が、韓国のソウルで、7月22-29日の期間に開催され、62か国が参加しました。使用言語はエスペラント語のみです。私は関西グループ19名に入れてもらい楽しい旅になりました。開催地の民族文化を発表する時間があり、韓国舞踊と音楽を楽しみました。一週間出会った多くの人々にピースドールをプレゼントしながら、エスペラント語の交流を思う存分楽しみました。ピースドールは本部からエスペラント語仕様をたくさんいただきました。 (S.S)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.08 17:42

  • 1

月別アーカイブmonthly archive

twitterで、世界の平和を祈る
言葉をつぶやいてみませんか。

「世界人類が平和でありますように」という意味の各国の言葉を、twitterでつぶやいてみませんか?

フォトギャラリーphoto gallery

ご寄付のお願い WPPS日本オフィスの活動は、皆様からの貴重な寄付によって支えられています。

平和活動グッズを取り扱うオンラインショップ Shop Peace to spread peace