みなさんから寄せられた平和自主活動報告

平和活動報告書のコーナーでは、
みなさまからいただいた活動報告を、どんどんご紹介していきたいと思います!
みなさまの活動報告をお待ちしておりまーす!
報告はこちらから

ピースセレモニー

Aug

09

第25回広島WPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

2017年8月6日、広島では心配された台風5号の影響もなく、素晴らしい好天に恵まれましたが、この夏一番の暑さの中でのWPPCとなりました。この暑さで、幸い大事には至らず、全員回復されましたが、5名の方が熱中症で体調を崩されたほどでした。

北は北海道から、南は沖縄まで、全国から170名近いボランティアが集まり、国旗係やピースグッズ担当、旗揚げを勧誘する係等々、様々な役割を全員で手分けして、多数の方々に国旗を掲げてもらい、各国の平和を一緒に祈ることが出来ました。

昨年のオバマ大統領が広島に来られた効果もあってか、近年広島に来られる外国人は急増しています。その中でもこの8月6日は特別で、早朝の平和式典から夜の灯篭流しに至るまで、多くの海外からのお客様でにぎわっていました。

私たちの広島WPPCも今年で25回目になりますが、年々海外からの方々の参加が増えており、皆さん喜んで国旗を掲げ、一緒に平和を祈っていただきました。中東諸国の方々も多数来られ、それぞれ自国の旗を掲げ、皆でその国の平和を祈ることが出来ました。昨年来られたパレスチナの女性は今年も参加してくださり、昨年は同国の旗がなく、自らiPadで表示した旗だったのを、今回は我々が準備していたパレスチナの国旗を掲げてもらうことが出来ました。

8月6日のこの地は、奇跡の空間です。誰もが抵抗なく、喜んで国旗を掲げ、平和の言葉を唱えることができます。旗も、言葉も輝いてみえます。この空間を多くの方々に体感してもらい、帰られてからも、その国、その地域でWPPCの心を拡げてもらえればと願っています。

暑さ等のため、機器が不具合となり、十分なインターネット中継になりませんでしたが、来年は皆様のお力を借りながら、また、長崎、沖縄と連携して、さらに充実した、楽しいWPPCの輪を広げて行きたいと思います。

広島WPPSメンバーズ

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.08.09 09:19

Jul

20

WPPC岐阜県・人道の丘公園

カテゴリー:ピースセレモニー

 岐阜県八百津町は日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の生まれ故郷です。昭和15年頃リトアニア領事だった彼は、当時ナチスドイツの迫害から逃れてリトアニアにたどり着いたユダヤ人に査証を発行し日本経由で米国、カナダ、中国などに亡命させ、結果的に6000人の人々を救いました。

 その杉原千畝さんを記念して、八百津町には人道の丘公園があります。2年前の夏、噴水のステージを初めて見た時、「まるでwppcをする為に作られたのでは」とさえ思えて、「いつかここでwppcをしたいね」と言う会話になりました。2017年7月4日、皆様のご協力を得て実現の運びとなりました。

 世界平和は、まず各々が自分の立場で人のために何が出来るか、と考えることから始まるのだと思います。様々な形で私たちの地域の平和に、ひいては世界の平和に影響を及ぼすWPPCをコツコツ続けていきたいと思います。

NPOインターナショナル世界平和の響き

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.07.20 14:56

Jun

30

和歌山県の高山寺でWPPC

カテゴリー:ピースセレモニーピースポール

2017年5月22日、和歌山県高山寺でWPPCを開催させていただきました。高山寺は、聖徳太子と弘法大師に因んだお寺で、紀南の弘法さんとして有名なお寺です。高校時代の友人がご住職をされていて、また最近友人が、自分の高校の先輩であることを知り、こうした偶然が重なって、WPPCをお願いする運びになりました。お寺には、合気道の植芝盛平翁の墓所の脇にピースポールが建てられていたので、ピースポール活動の運動趣旨を伝えて、すぐに理解してもらえました。大生物学者、南方熊楠の墓所もあり、今年熊楠の生誕150周年であることから、国際生物多様性の日を選び、各地から26人の仲間が集まってWPPCを行いました。Z.K 

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.06.30 17:39

Jun

23

東京日野市より3.11慰霊WPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

3月11日、東日本大震災の慰霊を込めて、4回目のWPPCを東京都日野市の南平駅西交流センターにて行いました。
当日は4名での開催となりましたが、都合で参加できなかった友人たちの篤い思いと共に、皆の力を合わせる思いが強くなりました。犠牲者の方々と残されたご家族のことを想い、東北の復興への思いを風化させてはならないと、あらためて胸に刻みました。
終了後には、会場の係りの方が美しく並べられた国旗と参加者の写真撮影を快く引き受けて下さり、皆一緒に幸せに包まれたひと時でした。(Y.H)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.06.23 18:01

Jun

23

アースデイズ高知でWPPC開催

カテゴリー:ピースセレモニー

4月22日は、世界的に地球のことを考えるアースデーということで、地元でも4月23日日曜日に、高知城下の丸の内緑地で「アースデイズ高知」というイベントがあり、WPPCの絶好の機会でしたので、これに参加してWPPCを開催しました。

初参加なので、ブースをかりて国旗の展示と、少しだけ国旗を掲げようと思っていたら、フィリピンやヨーロッパの方が何をやっているの?と関心を持ってくださり、通る方に声かけしながら日本語と、現地語にてとうとう193カ国 2時間30分かかりましたがやりきりました。

アースデーのお祭りはとても楽しい雰囲気で、地球への意識の高い来場者に、世界の平和と地球の自然環境の調和をアピールできました。(KT)

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.06.23 16:43

Jun

22

北海道、最北端の稚内でWPPC

カテゴリー:ピースセレモニー

6月2日(金)には当NPO法人設立7周年を記念して、稚内市の稚内港北防波堤ドームで、第一回稚内WPPCを、6月3日(土)には豊富町の湯の杜「ぽっけ 」でWPPCを開催し、おかげさまで成功でした!

4月並みの気温で、最高気温が6度前後という、東京の真冬並みの気温で、しかも雨模様で風も強いという荒れた天候でしたが、スタッフ延べ15名、参加者が延べ5名で、WPPCが開催されました。
日本の最北端の地で、世界に向けて、世界平和の響きを響かせることができました。

NPO法人インターナショナル世界平和の響き

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.06.22 20:02

Jun

08

ウズベキスタンでの平和活動

カテゴリー:ピースセレモニーピースドールピースポール

2017年5月3日に開催されました、ウズベキスタン・サマルカンドでのWPPCは、オリフ・グルハネ博物館とサマルカンド第9小中学校の2か所で開催され、ともに大成功でした! ピースポールもこれらの2か所に建立されました。

ウズベキスタンでは5月9日を第二次世界大戦における戦没者慰霊の日の祝日と定めていますが、WPPCはウズベキスタンの戦没者への弔意を表すと共に、世界各国の平和への意識を一つにすることを目的に実施されました。日本からは、7人がスタッフとして参加しました。これは、長年、ウズベキスタンとの交流を継続してこられた高山さんのご尽力により、実現できました。

この文学博物館、兼植物園では、約50人の方々が参加され、小中学校では、約200人の生徒と教職員の方々が参加されました。またピースポールは、博物館では公道に面したところに建立され、小中学校では校庭の目立つところに建立されました。博物館でも小中学校でも、「〇〇が平和でありますように!」、「〇〇ダ ティンチルク ボルスン!」との大唱和が自然に湧きおこり、盛大なWPPCとなりました。

博物館でも小中学校でも、ピースドールをはじめとするピースグッズが大人気でした。ピースグッズは、観光地も含めて約2,000個を配布することができました。直接的、間接的に参加くださいました方々、ピースドールなどのピースグッズを提供くださいました方々、ご寄付をくださいました方々、その他さまざまな形でご協力くださいました全ての方々に、心から感謝申し上げます。

NPO法人インターナショナル世界平和の響き

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.06.08 13:40

May

15

WPPC at 『 アースデイ2017~春~ in 南大沢 』

カテゴリー:ピースセレモニー

 2017年4月16日、東京都八王子市で行われた『 アースデイ2017~春~ in 南大沢 』にステージ・パフォーマンス出演者として、参加してWPPCを開催しました。おかげさまで、40~50人が参加してくださり、大成功でした!

当日は、爽やかに晴れ渡り、桜吹雪が舞う中、WPPCが開催されました。「アースデイ」のイベントということもあり、ステージの隣では、フリーマーケットが開催され、多くの人出がありました。

「小さな世界」の音楽が流れ出すと、家族連れや、子どもたちがステージに集まってきて、多くの子供たちが国旗を掲げて世界平和を祈ってくれました。

NPO法人インターナショナル世界平和の響き

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.05.15 11:37

Mar

27

「第1回WPPC熊本市・国際幸福デー」

カテゴリー:ピースセレモニー

 2017年3月20日(月)、「国際幸福デー」の午後12時から、熊本市国際交流会館で、27名参加でWPPCを開催しました。私達の同志の一人の情熱と発案に始まり、熊本の震災復興を応援したいという趣旨で、全国の仲間が賛同して行われました。地元、熊本の方々も参加くださり、「みなさまから、勇気をいただきました。」との感想をおっしゃられていました。北は北海道から、関東、岡山、福岡、熊本、宮崎、長崎まで、日本全国から参加してくださいました。

 WPPSが賛同する国際幸福デーは、2012年に国連が採択し、人類の持続可能な発展、貧困撲滅、幸福の追求のためには、より公平でバランスの取れた成長が必要だと、国民総幸福量(GNH)を国民総生産(GNP)よりも重要とするブータンの提唱により実現された日です。セレモニーを通じて、震災で大きな被害を受けた熊本のみなさまに、少しでも早く幸福な生活に戻っていただけるよう、また熊本に始まり、世界中の人々が地球全体の幸せに向けて努力するよう意識をシフトしてくれることを願いつつ、この日をWPPCの日に選びました。
 
NPO法人インターナショナル世界平和の響き

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.03.27 17:04

Mar

23

京都の石清水八幡宮にてフラッグセレモニーを開催

カテゴリー:ピースセレモニー

2016年9月25日、国連が世界によびかける国際平和デーに呼応して、京都の石清水八幡宮にて、三年連続となる、世界各国の平和の祈りのフラッグセレモニーを開催させていただきました。

平成28年2月に本社10棟が国宝に指定されたこの神社は天皇家とも縁の深い大変格式が高い素晴らしい神社です。ご来賓の皆様を始め、この行事に携わるボランティアスタッフや参加者の皆様の姿からも気品を感じました。

まず、最初に正式参拝を行いました。正式参拝とフラッグセレモニー、この両方をさせていただいたことで、世界平和に対する私達の貢献は、相乗効果を上げられたように感じました。

そして、フラッグセレモニーの前に、全国の神社本庁の総長を務めておられます石清水八幡宮田中恆清宮司が大変ご多忙の中をお越しくださり、お話を賜りました。またこのような平和を祈願する行事が行われることをお喜びくださいました。

それから、続いて4名のご来賓
石清水八幡宮 禰宜 西 中道(にし なかみち)様
比叡山延暦寺 総務部長 副執行 獅子王圓明(ししおう えんみょう)様  
元高野山密教文化研究所所長 中村本然(なかむら ほんねん)様
西日本霊性センターイエズス会聖ヨハネ研修センター神父 アレックス様(Alex Varickamackal,S.J.)にお話しを賜りました。

西様は、まだまだ世の中に紛争が絶えないので、私たちは祈り続けなければならないというお話と、石清水八幡宮にイエズス会の宣教師ルイス・フロイスが訪れたという記録が残っていることを教えてくださいました。

比叡山延暦寺の獅子王様は、アッシジの精神を継承すべく始められた比叡山宗教サミット「世界平和祈りの集い」を毎年8月4日に開催していること、ワールドピースプレヤーソサエティ(WPPS)の西園寺昌美会長も2回参加されたことをお話しくださいました。そして、その行事が来年30周年を迎えるにあたって、ローマ法王をご招待しお返事を待っていると続けられました。また、ローマ法王もご参加された30周年を迎えたアッシジ世界平和の宗教対話集会に、延暦寺からも参加されたそうです。

比叡山宗教サミットの歴史:http://www.tendai.or.jp/summit/history/summary00.html

中村本然様は、まず、石清水八幡宮も比叡山延暦寺も高野山も昔は一緒にいるのが当たり前の状況であったとお話くださり、西様、獅子王様と三人がステージ中央で並んでお立ちになりました。中村様はこの日のために世界平和を願うお祈りを20万回なさったそうです。

アレックス神父様は、「己の心と調和し、他者と調和し、自然と神と調和することが大切であり、自然界と私たちは、各自の心に内在している神を通じてつながっている」というお話をしてくださり、サンスクリット語のいつでもどこでもできるシンプルな平和の祈り言葉を教えてくださいました。

このように、異なる宗教宗派のご来賓の方々による有難いスピーチによって、古(いにしえ)からの深い縁(えにし)を知ることができました。またその皆さまが、フラッグセレモニーにて、この時期に手を携えてご一緒に、国旗を掲げて世界各国の平和を祈って下さったことに、深い意義と感動を感じずにはいられませんでした。

そして、フラッグセレモニーは、神聖な神社の厳粛な雰囲気の中執り行われました。世界194カ国とその他の地域を代表する気持ちで、神前にて一カ国ずつ国旗を掲揚し、心の籠った世界各国の平和の祈りとなりました。

こんな素晴らしいことが他にあるだろうか?と思うぐらい感慨深いものでした。
このように多種多様な方々が、一つの目的である地球人類の平安と世界各国の平和の祈りを、世界に向けて発信されている尊いお姿は、見たことが無いほど素晴らしいものでした。

この『石清水八幡宮 世界各国の平和の祈り』は、
神道の神々様、
イエス・キリスト様、
高野山の弘法大師(空海)、
比叡山延暦寺の伝教大師(最澄)も、
世界人類が平和になってほしいと願ってらっしゃるような気がしました。

これからも、益々、《宗教宗派関係無し、宗教の有無、関係無し、人種・国籍・性別・年齢関係無しで》、この運動が広まれば、この上ない喜びです。


これからも、世界各地でこのような人類愛のセレモニーが開催され続けるよう働きかけて参りたいと思います。


世界人類が平和でありますように
W.Y.


DSC_0085_R.JPG

AUTHOR:WPPS日本オフィススタッフDATE:2017.03.23 16:14

月別アーカイブmonthly archive

twitterで、世界の平和を祈る
言葉をつぶやいてみませんか。

「世界人類が平和でありますように」という意味の各国の言葉を、twitterでつぶやいてみませんか?

フォトギャラリーphoto gallery

ご寄付のお願い WPPS日本オフィスの活動は、皆様からの貴重な寄付によって支えられています。

平和活動グッズを取り扱うオンラインショップ Shop Peace to spread peace